そして父になる 似たような映画

『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に. やがて慶多は斎木家に行くことになる。良多は、これは成長するために大事なミッションだと慶多に言う。 琉晴も野々宮家に迎え入れそれぞれの親の元に戻り新たな生活が始まった。 しかし、自由な家庭で育った琉晴は厳しい決まりがあり、全く違う環境の野々宮家の暮らしには馴染めず、学校での似顔絵には斎木家のパパ・ママの似顔絵を書き、壊れたラジコンをパパ(雄大)になおしてもらうと言う。 良多は自分たちが琉晴のお父さんお母さんだと言い、親になろうと必死だったがうまくいかない。 やがて琉晴は一人家を飛び出し、斎木家に戻ってしまった。良多が斎木家を訪れ琉晴を呼ぶ。その声を聞き、一緒に遊んでいた慶多は一人押し入れに隠れたのだった。 琉晴と上手くいっていない様子を悟ったゆかりは両方引き取っても構わないと言うが、良多は大丈夫だと言い、琉晴を車に乗せ連れ戻した。 実は良多も子供の頃両親が離婚した。その後再婚し後妻に育てられた。そして良多も子供の頃、母親に会いたくて家出した過去があったことを思い出していた。 翌日、良多は何か吹っ切れたかのように琉晴と一緒に遊ぶ。マンションのベランダで釣りごっこをし、部屋にキャンプテントを立て、三人で川の字になって窓から見える夜空を見上げていた。 すると「パパとママの場所に帰りたい」と言う琉晴。すぐに「ごめんなさい」と謝るが、良多はもういんだと優しく頭をなでた。 一方、琉晴を愛し始めたみどりは慶多を裏切っているような気持ちになり苦しんでいた。 そして父になる 似たような映画 翌朝、いつも家族の様子を撮っていた自分のカメラを見た良多。すると、そこには慶多が知らないうちに撮った良多の姿があることを知り涙を流した。 琉晴を連れて斎木家に訪れた良多。しかし、慶多は逃げ出し良多は後を追う。 「パパなんかパパじゃない」「でも6年間はパパだったんだ。出来損ないだけどパパだったんだ. 対象商品: そして父になる dvdスペシャル・エディション - 福山雅治 dvd ¥2,980 残り2点 ご注文はお早めに そして父になる 似たような映画 この商品は、株式会社ティーケーグループが販売し、Amazon Fulfillment が発送します。. 1977年沖縄にて。 稲福スミ子さんは、6歳になる娘・美由紀さん、息子・健一くん、夫・茂美さんの4人で暮らしていた。 戦後貧しい時代を生きたスミ子さんは、美由紀さんがバカにされたりしないようにと教育熱心なお母さんだった。 ある日、美由紀さんが小学校に上がる前に受けた健康診断書の血液型がA型とされているのに疑問を持つ。 スミ子さんはO型、夫・茂美さんはB型であるためA型の子供が産まれてくるはずがない。その後、美由紀ちゃんを産んだ産婦人科にて別の家の子供と取り違えられたことが判明する。 当時、昭和46年~48年頃は空前の第二次ベビーブームであり、医学情報誌によると昭和32年~46年までに報告された取り違えられた赤ちゃんは32件。 そして父になる 似たような映画 しかし、実際には10倍の数は起こっていたのではないかと言われ未だ気づいていない家族もいるという。 当時、赤ちゃんを識別するネームバンドは沐浴の際に外されることもあり、再度つける時にネームバンドを間違ったり、赤ちゃんをベッドに戻す時に間違って違うベッドに戻すこともあった。 稲福家の本当の子供と判明したのは、同じく沖縄に住む島袋初美さん。両親と3人の妹がいる7人家族でのびのびと育った女の子だった。 やがて島袋家にも初美さんが取り違えられた子供であることを伝えられ家族は会うことにする。 その後、二組の家族は交流を始め、子供たちだけそれぞれの家に泊まらせ、その生活に慣れさせていった。 やがて、子どもたちにも本当の母親が違うことが告げられ、小学校入学をきっかけに、生みの親の家に子どもたちを戻し新しい生活を始めることになる。 こうして、美由紀さんは島袋家に、そして初美さんは稲福家で住むことになった。 スポンサーリンク 初美さんと暮らし始めた稲福家。しかし、初美さんは読み書きが思うようにできず、箸の持ち方もきちんとできなかったりと家庭環境の違いを感じた。 やがて初美さんは、名前を改名し真奈美として新しい人生を歩むことになる。 一方、美由紀さんは島袋家に馴染むことができずにいた。母・きみこさんは子育ての悩みからか夜飲み歩くようになり、家では今までのように勉強できる環境でもない。 ある日ついに美由紀さんは家を飛び出し育った家に戻った。 その後、美由紀さんの要望もあり稲福家は、島袋家の隣に住むようになる。 真奈美(初美)さんはすっかり稲福家に馴染んでいるよう.

50歳を超えて、サラダの歌をあれだけさわやかに歌い、千切り大根まで躍らせる男、福山雅治(敬称略。以下同)。 彼が年に主演した映画『そして父になる』を今更ながら観る機会があった。福山雅治演じる父親と対照的なもう1人の父親として、現在『七人の秘書』ゲスト出演、『共演NG. 私の息子、私に全然似てないんです。 2歳くらいから、お父さんにそっくり、と思うようになり、 今ではお父さんと、義母によく似ていて、 そんな心配はしなくなりましたが、 新生児の頃は、どちらにも似ていなくて、 取り違え?. 士」と近づいてくるような場面が印象に残る。 そして父になるの野々宮は一流商社マンで仕事. 野々宮良多の血縁の息子、斎木琉晴は、群馬県で小さな電気店を営む、貧しいけれど賑やかな大家族と一緒に暮らしていました。"交換"が始まると琉晴は野々宮家での生活を始めますが、何かと規則や躾に厳しい環境になじめず、家出して斎木家に戻ってしまいます。. 是枝監督の旧作『 歩いても 歩いても 』は僕はダメでした。 いやな映画でしたが、本作『 そして父になる 』はとてもよかったです。 頭がよくて、ハンサム、そして大企業の仕事ができるエリート社員の主人公。. 映画「そして父になる」の原作はなく、是枝監督オリジナルの脚本ですが、映画の題材になった実話があります。 沖縄で起こった「赤ちゃん取り違え事件」です。映画では男の子の取り違えですが、実際に起こった事件は女の子です。 これは、「ねじれた絆ー赤ちゃん取り違え事件の十七年」という小説にもなっており、2回ほどテレビドラマ化されています。 また2回目のドラマ化は映画公開と同じ年に放送されましたが、実際のご家族も出演されています。 非常に興味深かったので、小説を読んでみた所. 万引き家族や、そして父になるのような家族系の邦画でオススメのものはありますか? 是枝監督の作品の中でおすすめがあれば教えて頂きたいです。是枝監督以外の作品でもオススメの家族系映画があれば教えてください!.

そして、父になる。 この映画は、いうまでもないかもしれませんが、自分のプライドによって家族をないがしろにしていた男が、子供に対して過度の期待をしたり、相手の同じ人間としてみることの大事さをうたった作品となっています。. See full list on thepaperback. (C)「そして父になる」製作委員会 再開発プロジェクトの事業を押し進めるエリート建築家の野々宮良多。 彼には妻みどりの間に6歳になる一人息子の慶多がいて、何不自由もない幸せな家族との日々を過ごしていました。 その息子の慶多は小学校受験を控え、「どちらに似ていらっしゃいますか?」「夏休みは?」などと聞かれる私立の面接で「キャンプに行って凧揚げをした」と、学習塾で習い覚えた通りの答えで合格します。 ある日、息子の慶多を出産した病院から重要な知らせがあると呼び出されます。 ふとしたことがきっかけで、出生時の取り違えが起きていた事実を知らされます。息子は慶多は実の子どもではなくなく、斎木家の琉晴だというのです。 突如の混乱に良多は、田舎の病院で産むことを反対していたことや、「なんで分からなかったのか」と言いがかりで妻を責め立てます。 慶多と琉晴の2人は同じ7月28日生まれたのだったという事実に、ショックを隠しきれない良多とみどり。 一方の取り違えられたもう一組の家族は、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大という男で、その妻はゆかりといい、3人の子持ちでした。 対面した良多とみどりは、「子どもの将来のために結論を急いだ方がいい」という、病院の提案で斎木家と交流を始めます。 また、病院を相手に裁判を起すことも考えるが、経済的に余裕ある良多は慶多と琉晴の2人とも引き取る手段を探ることを考えます。 まず、野々宮と斎木のぞれぞれの家族は、“ミッション”といって息子を交換で泊まらせることを試みます。 スカイツリーの見える野々宮家のマンションと、田舎の小さな電気店の大所帯の斎木家、夕食もすき焼きと餃子と団欒の様子も異なります。 (C)「そして父になる」製作委員会. 野々宮良多は、エリート社員のいわゆる勝ち組人生を歩んできた人間。社会の競争に疎く優しい性格の慶多に対し不満を感じており、しばしば怒りを垣間見せる父親でした。とても気の合う親子とは言えなかった2人だけに、子どもの「取り違え」の話があった時、良多は妙に得心がいったのです。 世間一般の家庭を見ても、実の親と似ても似つかなかったりするケースがある一方、しぐさや性格、考え方まで本当によく似ている親子だって当然います。良多は常日頃から慶多としっくりこなかったこともあり、血のつながった本当の息子である斎木琉晴(黄升炫)に興味を持つのでした。.

少し前にレンタルが開始されたので見ました。映画「そして父になる」公式サイト 映画は好きなので妻と二人暮らしの時はレイトショーを良く見に行きましたが、子供ができてからレイトショーという訳にも行かずめっきり見に行かなくなりました。最近はレンタルばかりです。映画って. そして父になる (年 日本映画) 95/100点 実際に子育てをしているので割増の評価かもしれませんけど. 。. じつは、第66回カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞し、9月28日に公開された福山雅治主演の『そして父になる』も、これと似たような火種がくすぶっているという。hunterが、関係者に取材した。 脚本はオリジナルか. 映画『そして父になる』()育てた子か血のつながりかdnaの皮肉か。私の評価は記事内のみ掲載。皆の平均評価・映画情報.

ラストの福山さんと慶多の会話で、本当に父になったとは思えません。 個人的には、最後まで、父にならない、なれない感じがしました。 あのエンディングで、そして父になるでは、あまりに映画的にまとめ過ぎていませんか。. (C)「そして父になる」製作委員会 この物語の息子の“取り違いの交換”は、看護婦のふとした妬みがもたらした悪意から始まります。 彼女はその子どもの人生の重さや交換したことからはじまる家族の運命(混乱)など、全く考えるような人物ではないのかも知れません。 しかし、一方の福山雅治演じる父親の良多も、“ミッションという言葉を使い再度の交換”することも、看護婦同様とまでは言いませんが、他人の気持ちが分かってやっている行動とは言い難いものでした。 子どもたち弱者の心境などお構えなしな訳ですから. そして父になる 似たような映画 . 『そして父になる』は良作だった。辛い題材でも観客のストレスにならないように細心の注意を払って演出されている。 ところで『そして父になる』と年のアメリカのsfコメディ映画『もしも昨日が選べたら』は似ている作品だ。. 【9月28日特記】 映画『そして父になる』を観てきた。よくこんな脚本が書けたと舌を巻いた。同じ病院で出産した2組の夫婦の子供が取り違えられた。. 。. この映画は、年、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映されカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞しました。また、良多の妻、野々宮みどりを演じた尾野真千子さん、斎木家の肝っ玉母さんを演じた真木よう子さんは37回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、斎木家の大黒柱である斎木雄大を演じたリリー・フランキーさんも同賞にて最優秀助演男優賞に輝いています。さらに、ストーリーの核となる子どもたちの演技ですが、驚くべきことに子役のセリフは台本になく、シーンごとに気持ちを説明されただけで、アドリブでの演技だったそうです。恐るべし、子役プロ魂! そんな素晴らしいキャストを迎えて製作された本作ですが、嬉しいニュースとして、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督により、アメリカ版としてリメイクされることが決定しています。リメイク版を鑑賞される前に是非、元祖『そして父になる』をご覧ください。. 年4月12日から放送スタートのドラマ『母になる』。 育ての母として登場する門倉麻子(小池栄子)のキャラが『八日目の蝉』の逆バージョンっぽい!や子供の置かれた状況が『そして父になる』とそっくり!両方の展開を持ってきているのでは?といった感想が多く見られました。 今回は.

(C)「そして父になる」製作委員会 【公開】 年(日本映画) 【脚本・監督】 是枝裕和 【キャスト】 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、ピエール瀧、高橋和也、田中哲司、井浦新 【作品概要】 是枝裕和監督が福山雅治を主演に起用した作品で、病院で自分の息子を出生した際に、別の子と取り違えられた事実を6年後に知らされた父親である夫と、その妻が抱く葛藤を描いたドラマ。 第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され審査員を受賞。福山雅治が初の父親の野々宮良多役を演じ、その妻みどりに尾野真千子、一方の相対する斎木夫婦にリリー・フランキーと真木よう子が演じます。 ▼▼U-NEXT『そして父になる』はU-NEXTで無料視聴ができます。 U-NEXTで今すぐ視聴. . 。 この辺りの普遍的なモチーフは是枝裕和監督の一貫した作品テーマといえます。 映画『誰も知らない』の置き去りにされた子どもたち、映画『空気人形』の空気人形のぞみも、考えようによっては同じように捨てられた子どものようなものかもしれません。 また『海街diary』の腹違いの妹の浅野すずも厄介払いになりました。そして『三度目の殺人』の性的な虐待を受けた山中咲江もあまりに孤独で、捨てられてはいませんが家族の中では孤立していました。 是枝作品の子どもたちは弱者として大人の都合に流されていきます。 しかし、また、その状況でなんとか希望を見出そうと、時に行動を起こすことも是枝裕和監督の求める弱者の光ともいえる生命力です。. そして父になる 年公開の日本映画。主演 福山雅治。監督 是枝裕和。外国での題名は『Like Father, Like Son』。 (C)『そして父になる』製作委員会 6年間育てた一人息子が、取り違えられた他人の子であったと知った父親が、血と時間の間で悩みながら父親になっていく話。. 」と呟いた。みどりは、母親なのにどうして気づかなかったのか. ミッションは終わりだ」 良多は慶多を追いながら必死に話しかけた。二人別々の道を歩いていたが合流地点にたどり着き、良多は慶多を抱きしめた。 やがて、慶多と一緒に斎木家に戻り家の中へと皆で入って行ったのだった。 (おわり) スポンサーリンク. 子供と一緒にいる時間を大切にする雄大(リリー・フランキー)に対し、子供とは一線起き、自立させ自分と同じようにエリート街道を進むことに重きを置いている良多。 良多からはあまり父性は感じられず、どこか冷徹な印象があります。 しかし、慶多と離れ自分の姿ばかりを撮っていた写真を見て、慶多の愛を感じ涙します。 やがて慶多に会いに行き、おそらく初めて良多は慶多と向き合おうとしますが、慶多は避けるように逃げ出します。 これまでだったら逃げるであろう良多は必死に追いかけ、自分の気持ちを必死に伝え続けます。 そして、ようやく二人の心が近づいたところで終わり、その後の展開については見た人によって考えさせられるような内容で締め括られています。 そのためその後どっちと一緒に暮らしたの!?と気になりますが個人的に分析すると、元の生活に戻ったのではないかなーと思います。 良多は慶多と暮らし、琉晴も雄大家に戻ったのではないかなと。 その理由としては、まず慶多が雄大家の息子になることに対し「これはミッションだ」と良多は伝えています。 しかし、慶多と向き合った時、「パパなんてパパじゃない」と拒否されるものの、良多は諦めずに語りかけ、「ミッションはもう終わりだ」と伝え、何度か語りかけた後、慶多は足を止め、良多を受け入れます。 こうして慶多に受け入れてもらったことにより、良多は改めて父になる第一歩を踏み出したのではないでしょうか。 物語自体は静かに淡々と進んでいきますが「血の繋がり」か「育ててきた愛情」かを自分だったらどうするのだろうと考えさせられる、非常に見応えのある映画で面白かったです。 決して派手なストーリーではないものの、考えさせられる内容になっていますので、まだ映画を見ていないことはぜひ一度見てみることをおすすめします。 スポンサーリンク. (C)「そして父になる」製作委員会 今作『そして父になる』のように、是枝裕和監督の作品は弱者がきっかけとなって物語が動き出すます。 それは弱者が弱いからこそ、その状況をつぶさに臆病なほどに観察する者だからに違いありません。 奇しくもリリー・フランキー演じた斎木雄大が、「負けたことのない奴は本当に人の気持ちが分からないんだな」と言います。 弱い者(負けた者)は失うものが何もありません。それ故に逆の意味で強い存在だともいえるのではないでしょうか。 この辺りも是枝裕和監督の特徴ですね。 何かその辺りが気になるあなたは。ぜひ、是枝裕和監督と福山雅治のタッグを組んだ『そして父になる』と『三度目の殺人』を合わせて観ることをお薦めいたします。 この2つの作品は、一見まるで似て非なる作品構成と思われがちですが、2作品は兄弟のような関係性と類似を持ち合わせています。 奇妙な例えかもしれませんが、『三度目の殺人』のタイトルを『そして父になる』と改題しても内容は同じように伝わるはずです。.

。 次からは実話となった「赤ちゃん取り違え事件」についてまとめてみました。. 映画「そして父になる」は是枝裕和さんが監督を務める大ヒット作品です。 カンヌ国際映画祭に出品されたときは、上映が終わると共に約10分間のスタンディングオベーションが起こるほどでした。. ラスト器の意味とは 映画「万引き家族」実話モデルとなった2つの事件をまとめてみた! スポンサーリンク.

公開中の映画『そして父になる』で福山雅治演じる主人公とは対照的なもうひとりの父を演じた。 (左から)リリー・フランキー、是枝裕和監督. 子どもたちをお互いの親に慣れさせるために、「ミッション」と称して本当の親である斎木家に慶多を送り出すことになった良多。思ったことをあまり口にできない性分の慶多ですが、彼は今まで自分を育ててくれた2人のもとを離れたくないという本当の気持ちを、カメラで良多の写真をたくさん撮ることで形に残していました。偶然それを目にした良多は、これまで慶多と過ごした6年間のすべてを思い起こし、号泣してしまうのです。 この時、良多にとって慶多と共に過ごした時間は、何にも代えがたい宝物に感じられたことでしょう。血の繋がりのある父親ではなかったけれど、それを認めたうえで慶多を愛することで、愛情はより深く強固なものとなりました。 過去の「取り違え」の事例でも100%血縁が優先されているそうですし、それだけ血は水よりも濃いということ。当然のように血の繋がりばかりに固執していた良多でしたが、この場面で親子として過ごした時間の重さに気付きます。言葉にならない慶多の訴えによって、血縁よりも強い絆を見つけたこの場面こそ、タイトル通り「父になる」ための一歩を踏み出した瞬間なのです。. と自分を責めていた。 スポンサーリンク. そのセリフから、たすくの父であることのとまどいが 感じられるはじまり。情けないな、と思いながら、父になった 似たような映画 似たような映画 瞬間って誰でも似たようなものじゃないかな、と思います。 そして離婚。ことねが水商売を知ったことを知った瞬間、. 過酷で壮絶すぎる運命に涙がとまりませんでした.

」と自分たちとは違う古びた家や環境に心配していた。 斎木家では、何をするにも家族みんな一緒だった。夜ご飯は大皿を囲んで皆で和気あいあいと一緒に食べ、お風呂も雄大や兄弟たちと入り、皆同じ部屋で川の字になって寝る。 おもちゃが壊れれば雄大が直してくれ、兄弟で一緒に遊ぶ。慶多は初めてのことに戸惑っていた。 一方の琉晴(黄升炫)は、良多の家で一人一皿、用意されたすき焼きを食べていた。しかし、琉晴(黄升炫)の箸の持ち方が気になった良多は直させようとする。 良多の家では、お風呂も一人で入らせ、寝るのも一人、遊ぶのも高級マンションの部屋で一人で遊ぶという全く違う環境だった。 スポンサーリンク. 映画の原作小説ではないものの、非常に映画と似ている部分が多かったです。 実話の方では、双方の家族は血の繋がりのある親の元へと娘達を戻します。 初美(真奈美)さんは新たな家に馴染めたものの、美由紀さんはこれまでとは大きく環境が変わり馴染めず、隣の家に育ての親である稲福さん一家が住み始めいつでも会える環境に。 それでも色んな葛藤やここには書けないほどの過酷な運命が待ち受けており成長し乗り越え、やがて二人は大人になります。 詳しくは小説「ねじれた絆ー赤ちゃん取り違え事件の十七年」を読まれることをおすすめしますが、涙なしでは読めない壮絶なそれぞれの家族の物語が詳細に書かれており、非常に考えさせられる内容となっています。 色々とあったものの、二人は結婚し合同で結婚式をあげ、それぞれの家族も参列するという結果的にはハッピーな方向で新たな人生を歩み出しているようです。 ここまで来るのに想像もつかないような壮絶な苦労や葛藤、悲しみがあったかと思いますが、それを乗り越えられ新たな家族を築きお二人とも幸せになられたようでよかったなと思います。 【是枝裕和監督作品】 三度目の殺人ネタバレ結末! そして父になるの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。是枝裕和監督が福山雅治を主演に迎え、息子が出生時に病院で. — 映画『そして父になる』公式アカウント 年10月16日 学歴、仕事、家庭。 自分の能力で全てを手にいれ、自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。. 『そして父になる』()監督:是枝裕和参考文献:奥野修司著『ねじれた絆-赤ちゃん取り違え事件の十七年』(文春文庫刊)出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、田中哲司、井浦新ほか「スパイダーマンって蜘蛛だって知ってた?」第66回カンヌ国際映画祭審査. 昨日の夜、テレビで映画「そして父になる」を見た。福山雅治主演の日本映画で、6年間育てた我が息子が実は他人の子だった、というもの。実にいい映画だった。福山は一流企業に勤め、将来も有望視されているエリートサラリーマン。都内の高層マンションに、妻と息子の3人で暮らしている. 時は流れ、一家は交流を続けていた。 子どもたちと一緒に遊んではしゃぐ雄大に対し良多は一緒に遊ばない。子供とはもっと一緒にいる時間を増やしたほうがいいのではという雄大。 しかし良多は「一人で何でもやらせる方針で、大事なのは一緒にいる時間じゃない」と価値観がまるっきり違う二人。 ゆかりの父親が痴呆症でもう一人子供がいるようで大変だという雄大に対し、良多はまとまったお金が用意できるし、琉晴も引き取ると言う。 その言葉に斎木夫婦は「金で買えるものと買えないものがある」と怒ったが、良多は「何で俺が電気屋にあんなこと言われないといけないんだ」と反省していない様子だった。 後日、裁判所にて子供を取り違えた看護師が法廷に呼ばれ当時のことを告白した。 看護師は、再婚した夫の連れ子と上手くいかずに悩んでいた。そんな時、一番高い病室に滞在し、一流企業の旦那を持つみどりに嫉妬し、故意に赤ちゃんを取り替えたという。 しかし看護師は現在は夫の連れ子とも上手くいっており、罪を償いたいと謝罪した。 その事実を知った斎木家と野々宮家は怒りにふるえていた。みどりとゆかりは一生許さないと怒るものの、夫側は何も言わなかった。 良多は自身の父親から「やがて慶大は相手の親に似てくる、子供は血だ」と言われたこともあってか早いうちに子供を元の親に戻し慣れさせるべきだと言う。 そして父になる 似たような映画 そして慶多が自分より雄大に懐いているようで内心焦っている様子だった。 このままではいけないのかというゆかりだが、良多は「これから血のつながっていない子を愛せるのか」と冷静に話す。 しかしゆかりは「愛せる、似てる似てないとかそんなことにこだわっているのは血のつながりを感じていない男だけ」と言った。 先に延ばすほど辛くなる、だから早めにと考えている良多だった。 やがて、慶多と琉晴を血の繋がりのある親の元へと戻すことが決定した。なんとか慶多と離れないようにすると言っていた良多にみどりは怒りをぶつける。 そして、慶多が自分の息子じゃないとわかった時に「やっぱりそういうことか」と言ったのは、慶多が良多ほど優秀じゃないのが最初から信じられなかったからでしょ、あの一言だけは一生忘れないと言い放った。 慶多は偶然にも二人の話しを聞いてしまった。 スポンサーリンク. 取り違え問題に乗じて、病院から賠償金をせしめ取ってやろうなどとヘラヘラしていた斎木雄大(リリー・フランキー)でしたが、この言葉には思わず一喝、「金で買えないものもある」と言い放ちます。雄大は子どもとの時間を大切にする父親で、一緒に生活してこなかった慶多にも分け隔てなく接する人物。この時点では、エリートでない斎木のほうが、よっぽど子どもの心情を汲んで行動する大人という気がしますし、自分勝手なことを言うエリート夫の良多に苛立ちを感じながらも、妻のみどりは口を出せないでいます。 裕福さや立派な家柄は、そこで成長する子どもにとってはほとんど重要性がありません。多くの子どもが必要としているのはたったひとつ、無償の愛のみ。家庭環境をごっそり取り換えられてしまった慶多と琉晴の姿を描いたこの映画は、そんな当たり前のことを改めて見つめなおすきっかけをくれます。.


Phone:(774) 455-3265 x 1417

Email: info@aqvy.rubuntu.ru